妊活のために大切な栄養素【 part2】|亜鉛不足と胃酸分泌低下がなぜ不妊に繋がるか!?

美味しそうな牡蠣|不妊・マタニティケアHP

みなさん、こんにちは^^。

ママミーツベビ院長の小菅一憲(カズ先生)です。

 

前回は「妊活のために大切な栄養素」として「亜鉛」を取り上げましたが、今日ももう少しこの「亜鉛」というミネラルについて掘り下げて見たいと思います。

 

 

みなさんはこの「亜鉛」というミネラルにあまり注目したことはないのではないでしょうか?

実はこう見えて300種類以上の酵素の働きに関わる、人間にとっては非常に重要なミネラルなんです。
アメリカでは国民の15%ほどに亜鉛不足があると言われていますが、日本でも最近、若い人たちの亜鉛不足は深刻化していると思います。
その背景には、前回お話したストレスがあります。そしてもちろん食生活の変化も大きな要因の一つになるでしょう。

亜鉛の多い食材というのは、牡蠣や卵、肉類が代表的なところ、そして貝類や魚介類にも含まれています。

みなさんこういった食材を日々どのぐらい取り入れているでしょう。

 

 

亜鉛が不足すると、味覚障害が起こると言われていますが、これは亜鉛が細胞分裂に深く関わっているミネラルであり、とくに細胞分裂の頻度が多い舌の味蕾細胞においては亜鉛不足の影響が顕在化しやすいからです。
新しい味蕾細胞が出来ないと味を感知できなくなり、このことが味覚障害に繋がります。

昔より味を感じにくくなった感覚や違和感がある方は要注意です。

また私は、アレルギーの方が増えているのも、亜鉛不足が関わっているのではないかと感じています。
亜鉛が不足すると適切な免疫力を維持出来なくなりますし、粘膜の状態も悪くなります。

 

前回の「亜鉛」について書いた記事はこちら↓

 

 

 

 

亜鉛は胃酸の形成に深く関わっている!?

 

前回、亜鉛が「生殖機能」に関わるミネラルとして、妊活にも最重要な栄養素だとお伝えしました。
そして、もう一つの大事な要素が、胃酸の形成に深く関わっているということです。

 

胃酸はいわゆる塩酸です。
私たち人間は、塩化ナトリウムを材料にして塩酸を作っていく際に酵素(炭酸脱水酵素)を使います。この酵素の働きを促進させるのがこの亜鉛です。
こういった理由から、亜鉛が不足している人には胃酸低下の症状が出やすくなります。

ご存知かわかりませんが、胃酸は胃腸における消化分解の要。
この胃酸がないと、正常な消化が行われず、それこそ栄養の吸収障害が起きてしまいます。
それだけ胃酸はとても大事な消化の中心的存在なのです。

余談ですが、亜鉛は胃酸分泌のコントロール以外にも胃の粘膜を守ってくれるとして、昔は胃薬で使われていた歴史もあります。

 

 

なぜ、妊活の話で「胃酸」なんかを取り上げるのか!?

それは・・・

妊活のための栄養素というお話をして、その栄養素を食事やサプリメントから意識して摂るようにしたとします。
それ自体は素晴らしいことでしょう。
しかし、摂ったらそのまま何の問題もなしに、どの人でも一様に吸収されると考えているとしたら大間違いです。
栄養吸収力というのは、人によって全く違い、実際どれだけ食事が良かったとしても、栄養が身体の中に吸収出来ていないと全く意味がありません。

そういった意味で、消化分解の要である「胃酸」はとても大事なのです。
胃酸がしっかりと分泌されているのであれば、栄養の吸収率はとても良くなります。

 

 

そして、もう一つ。

亜鉛が不足していて、胃酸の分泌が低下すると、それにより胃での消化不良が起こることはもちろん、胃酸に刺激されて分泌される膵臓からの消化酵素も低下し、小腸での消化も滞ります。
このことで、食べ物全体の消化のスピード、そして消化物の移動がゆっくりになり、そこで細菌が異常繁殖することでお腹にガスが溜まりやすくなります。

このガスによる腹部内圧の上昇は、逆流性食道炎にも繋がりますが、妊活の話に関連づけると実は内臓下垂強いては子宮の下垂や傾きに繋がってくるのです。
私が臨床で不妊で悩んでいる方を見ると、そのほとんどのケースで子宮の下垂や傾きが見られますが、まさにお腹のガスが要因になっていることがとても多いのです。

 

このことの原因は、もちろん現代の若い方の食生活に起因するところではありますが、亜鉛不足という原因も否めないところでしょう。
食材からの亜鉛不足そしてストレスからの亜鉛不足による胃酸の低下、さらには腹部膨満感。
ここら辺が関わっているのは言うまでもありません。

 

 

 

 

亜鉛不足をチェックするための簡易テスト

 

最後に、ご自宅でご自身の亜鉛不足をチェックする方法をお話しましょう!

 

まず、亜鉛のサプリメントを一つ用意してください。
次にカプセルを外し、中身の粉を30ccほどの水に溶かしていきます。

その後、その水を飲みこまずに口の中をゆすぐようにしてキープしながら、20秒後に吐き出します。
この時に、金属の味がしたり、渋味、苦味を感じた場合には、亜鉛の不足の可能性はないです。しかし、こういった味を一切感じなかった場合には、亜鉛の不足の傾向にあります。

もちろん、100%の診断ではありませんがある程度は信頼性のあるチェック方法です。
私も亜鉛のサプリメントを粉で摂取してみると、その時によって味の感じ方に違いがあるので、その日の体調によっても亜鉛のレベルが違うことがわかります。

 

 

このチェック方法であれば、ご自宅で簡易的に行えるので妊活中の方は是非チェックして、ご自身の体内環境を感じてみてください。
とくに、妊活中で味覚の違和感、胃腸の不調や便通、さらに腹部膨満感などの症状がある人は要チェックですね。

 

今日はここまで。
また次回をお楽しみに。

 

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|不妊ケア専門 カイロプラクティック+栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊ケアに疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来のクライアントさま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や施術内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
妊活に役立つ最新情報をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Tags:

Previous post妊活のために大切な栄養素【 part1】|生殖機能に関わる「亜鉛」をもっと知ろう!

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム