子どもに良い食事と栄養【 part5】子どもの肥満が増えている!?

宅配ピザを頬張る子ども達|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。

ママミーツベビ院長の小菅一憲(カズ先生)です。

 

生後1年くらいまでの赤ちゃんは、ぽちゃぽちゃしてかわいいものです。
急激な成長に対応できるよう、皮下脂肪をたっぷりと蓄えているのです。
そして1歳ごろから、運動量が急激に増え、食事も固形物に変わると、子供の皮下脂肪は自然と減っていきます。
体重よりも身長の伸びが大きいので、2〜3歳ごろにはほっそりとした体型になります。

 

しかし最近、幼児期に入っても体型の変化がなく、肥満児となる子供が増えてきました。

小学生以降の肥満が成人病(高血圧、動脈硬化、糖尿病など)につながることは以前から指摘されていますが、それが前倒し傾向にあるというのです。
食生活の乱れによる影響はここまできたかと思うばかりです。

 

前回のblogはこちら↓

 

 

 

 

子どもの肥満は侮れない!?

 

肥満と太りやすい3つの要素

肥満は、食べ過ぎ、運動不足、太りやすい体質の遺伝、の3つの要素が関係していると言われています。

 

まず食生活では、洋食、ジャンクフード、加工食品、スナック菓子、甘い飲料水などで、子供たちの食事はカロリー過多でビタミン・ミネラルが不足するような食事をしていませんか?
またおやつをダラダラ食べたり、夜遅く食事したり、朝食抜きといった食生活の乱れもさらに脂肪蓄積を招いているともいえます。
そして運動不足については、車の普及、狭い住環境、テレビゲームや塾通いで、歩いたり、屋外で遊ぶ機会はどんどん減っていくばかり。
最後の遺伝要素は、両親とも太っている場合は60〜70%の子供が、片親のみ太っている場合は30〜50%の子供が肥満児というデータがあります。

 

体質はどうしようもない点もありますが、食生活や運動不足については改善可能なところでしょう。

 

 

子どもにも広がる生活習慣病予備軍

肥満は生活習慣病につながる危険が高いのです。

とくに高度の小児肥満では、その70〜80%が成人肥満に移行するといいます。

 

高脂血症、高血圧、糖尿病、脂肪肝というオジさん、オバさんの病気が、すでに3歳から5歳の子供に見られるというのはショックですよね。
子供の糖尿病については、今までは1型(インスリン依存型糖尿病、膵臓の機能が破壊されてインスリンが分泌されない先天的なもの)が主だったのですが、最近では成人に多い2型(インスリン非依存型糖尿病、膵臓のインスリン分泌はあるが、膵臓疲労によってインスリン分泌がなくなってしまう後天的なもの)が増えています。
また驚くべきことは、40歳以降になって起こる動脈硬化が、じつは小児期から始まっているのだということ。動脈硬化の初期症状は、10代はじめに見られるといいます。ほとんどは回復可能なのですが、その中の10%は症状が進行しつつあるというのです。

 

こんなこと昔じゃ信じられないことだったのですが、今現実に起きていることなのですね。

 

 

 

 

肥満の予防は子どもの頃から

さあ、対策を練らなくてはいけないですよね。
それにはまずお母さん、お父さんの生活習慣、食生活を変えていくことが第一です。
家族はみんなで変わらなければ、子供も変わりません。

 

では最後に成長段階ごとでの簡単な肥満対策を。

 

 

乳児期・・・
乳児期は、大切な成長の時期です。母乳や育児用ミルクを制限する必要はありません。

離乳期・・・
炭水化物だけの食事に偏ることなく、食品の数も増やしましょう。赤ちゃんは糖分が大好きなので、果汁の与え過ぎは禁物。ジュースはダメですよ〜。

幼児期・・・
摂取エネルギーの摂り過ぎに注意して、成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルは十分摂りましょう!

その後・・・
夜型の生活を改めて早寝早起きすることも大切です。
生活を朝型に変えて食事のリズムを整えるだけで、半年くらいで肥満度の低下が見られるそうですよ。また偏食になりやすい時期でもあり、お菓子の食べ過ぎに注意して。
その他、遊びや運動も組み合わせて、ある程度からだを動かしていくのも有効ですね。

 

 

肥満の予防は小さい頃から。
是非スタートしてください^^。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|不妊治療専門 カイロプラクティック+栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Tags:

Previous post子どもに良い食事と栄養【 part4】「朝ご飯を食べない子供たち」

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム