赤ちゃんや子供がかかる病気【2】|発熱

子供が体温計を加えている|不妊治療HP

今日は、ほとんどのママが経験しているかと思いますが、赤ちゃんが「発熱」した時のお話をしようと思います。

我が子は、1歳になるまでほとんど病気にかかったことがありませんでしたが(しいて言えば突発性発疹くらい・・・)、保育園に預けるようになってから様々な病気にかかるようになりました。

 

以前、突発性発疹のことを書いたブログはこちら↓↓

 

 

我が子を預けていた保育園は「働くママのための保育園」というキャッチフレーズだったので、風邪をひいていたり、ちょっとした病気の子供も預かってくれます。確かに働くママにとってはとても助かるのですが、その反面、色々ともらってくるんですよね^^;

我が子が最初にもらってきたのは、「風邪」でした。
なんとも無難なものではありますが、その時に熱が出たので、今日は「発熱」のお話をしようと思います。

 

 

 

 

発熱のお話

 

発熱する原因

赤ちゃんの発熱の原因は、ほとんどが細菌やウイルスなどの感染症が原因です。細菌やウイルスと闘うために免疫反応が起こり「熱」が出るわけです。発熱そのものは正常な反応なので、無理に下げようとする必要はありません。

 

高熱が出たらどうしたら良い?

赤ちゃんが熱が出ると、特に初めての場合はどうして良いか焦ってしまうものですよね。さっきまで元気だったのに、急に熱が上がっているなんてことも。

 

「38度以上になったら病院へ行きましょう。」

なんて言葉を聞いたことがあるかと思います。
でもそれが全員の赤ちゃんに当てはまるとは言えません。そもそも赤ちゃんは大人よりも平熱高く、平熱が37度以上の赤ちゃんもいるので個人差があります。

・多少食欲は落ちていても、母乳や食事が摂れる
・いつもと変わらずに食欲がある
・顔色がよく、機嫌も良い
・睡眠がきちんと取れている

このような状態であれば、無理に病院へは行かずに様子を見ても良いでしょう。
ただし、熱が高くなくても呼吸が苦しそうだったり、顔色が悪い、痙攣があるなど、いつもと違う様子ならば受診した方が無難でしょう。

 

 

 

 

赤ちゃんが発熱した時の対処法

 

熱の出はじめや熱が上がっている時

手足が冷たく、悪寒をしているようであれば、毛布などで温めます。
まだ無理に身体を冷やす必要はありません。

熱が上がりきっている時

室温を低めにして、赤ちゃんの着ている服を薄着にしてあげます。頭やおでこ、脇の下や首を冷やしてあげると効果的です。
もし汗をかいていたら着替えた方が良いでしょう。脱水にならないように、スプーンなどで少しづつ水分をあげるようにしましょう。

 

大人の場合は、布団をかけて身体を温めて汗をかくようにすると熱が下がりますが、赤ちゃんはまだまだ汗をかく機能が発達していません。なので、布団をかけ過ぎてしまったり、厚着にして温め過ぎてしまうと体内に熱がこもってしまうので注意してくださいね。

 

 

 

 

どのような病気で発熱になる?

 

発熱した場合、全てが「風邪」とは限りません。ではどのような病気で発熱になるかご紹介していきたいと思います。

・咳、鼻水、くしゃみが出ている→「風邪」の可能性
・喉が赤く腫れている→「風邪」「インフルエンザ」「急性扁桃炎」「急性咽頭炎」の可能性
・耳を触って痛がっている→「中耳炎」の可能性
・耳の下が腫れている→「おたふく」の可能性
・身体に発疹がある→「風疹」「麻疹」の可能性

このような病気でも熱が上がってしまうので、赤ちゃんに当てはまるものがないかチェックしてみてくださいね。

 

 

いかかでしたか?
我が子の場合は、熱が出ても夜はぐっすりと寝ており、そこまで機嫌も悪くなりませんでした。
ただ、授乳や抱っこをした時にとにかく身体が熱かったです。自宅で安静にしておりましたが、心の中で「頑張れ〜」と願うだけでした。
初めてだとどうして良いかわからないと思いますが、そんな時は慌てずに参考にして頂けたらと思います。

 

薬剤師
小菅美保

ママミーツベビ|不妊治療専門 カイロプラクティック+栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Tags: ,

Previous post高齢ママに贈る子育て日記【29】|子供と一度は行ってみたくなる?!「アンパンマンミュージアム」

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム