赤ちゃんの成長を促す「亜鉛」

スプーンをぎゅっと握って眠っている可愛い赤ちゃん|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。

ママミーツベビ院長の小菅一憲(カズ先生)です。

 

今日は「亜鉛」のお話です。

亜鉛というとみなさん何を思い浮かべますか?
男性の精力にも関わる栄養だというのはなんとなくわかりますか?
私なんかは、ストレスがかかると亜鉛補給しなきゃと思ってしまうのですが・・・。

 

 

亜鉛は、新しい皮膚を作ったり、免疫を高めたり、性機能にかかわったりと、様々な働きをするミネラルです。
成長、妊娠、授乳、治癒など、新しい細胞が必要な時期には、亜鉛の必要量も増えると言われています。とくに、一生の中でもっとも細胞分裂の盛んな胎児にとって、亜鉛は重要なミネラルともなります。
亜鉛は成長のめざましい乳幼児にとっても大切な成分で、母乳の亜鉛含有量が、人工乳に比べてずいぶん高いということは、なるほどそうした自然の摂理なのかもしれません。
その証拠に初乳には、出産後3か月過ぎた母乳の8倍もの亜鉛が含まれていると言われています。

 

 

亜鉛の吸収は、おなかの中から始まっています。赤ちゃんは28週目以降、急速に亜鉛を吸収しはじめます。このときお母さんの身体に亜鉛欠乏があれば、当然赤ちゃんも亜鉛欠乏になってしまいます。
もちろん妊娠時にも亜鉛は欠かせません。おなかに宿った赤ちゃんは、細胞分裂を繰り返しながらどんどん大きくなっていきますが、亜鉛はこの細胞分裂を促す働きがあるのです。
そのため、お母さんの身体に亜鉛欠乏があると、赤ちゃんの細胞分裂がうまくいかず、低体重、低身長、皮膚が弱くなるといった影響が出てきてしまいます。

また、亜鉛は鉄同様、粘膜をつくる材料になります。これは赤ちゃんが過ごす子宮の良い環境作りに欠かせないということでもありますね。

 

 

 

 

亜鉛が多く含まれた初乳を飲むとアレルギーになりにくい!?

 

亜鉛には皮膚を守る働きもあるので、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐためにも有効と言えるでしょう。
母乳で育てた赤ちゃんが、粉ミルクで育てた赤ちゃんに比べてアトピーになりにくいと言われているのはこのせい。
粉ミルクにも亜鉛は含まれますが、母乳の比ではありません。
とくに亜鉛が多く含まれる初乳は何よりも大事なものですね。
また初乳をしっかり飲んでいる赤ちゃんはアレルギーになりにくいとも言われているくらいです。

 

さて、このように赤ちゃんのために大事な亜鉛。この亜鉛は妊娠初期に非常に大事なものということになります。ということはいつ妊娠してもいいように女性はしっかり亜鉛を摂っておくべきだということなのです。

亜鉛欠乏は通常味覚障害といった形で出てきますが、これは口の中の味覚細胞と関わってきます。味覚細胞は比較的、短い周期で入れ替わっていますが、新しい細胞をつくろうとするとき亜鉛が足りないと細胞がうまくつくられません。その結果、味をうまく感じることができなくなってしまうのです。濃い味付けのものを好んだりしたら要注意ですよ~。

現代人はストレス社会に生きているので、男性も女性も亜鉛が欠乏しやすいと言われています。肌荒れがあったり、傷の治りが遅い、免疫力が落ちているなどのサインがあったら、味覚障害までいかなくても亜鉛の欠乏を疑ってもいいかもしれません。

 

 

また亜鉛は、男性にとっても大切なミネラルで、よく言われる精力増強にはもちろん、不足すると精子の生産量が減り、典型的な不妊のパターンに陥ってしまいます。
亜鉛を摂ることで、精子の数が増える、精子の運動量がアップするなどの効果も期待できるでしょう。これから妊娠を考えているカップルにとっては、知っておいて損はない栄養素の一つですね!

 

私の師匠であるDr.Portelliも不妊のカップルには、男女ともに必ず「亜鉛」を摂るように勧めています。
また女性には通常の量より多めに摂取してもらうように伝えていたのが印象的でした。
うちの奥さんも妊娠を目指していた頃は、亜鉛を頑張って摂っていましたよ^^。

 

 

亜鉛を多く含む食材は、牡蠣、牛赤身、豚レバー、スルメ、ウナギ蒲焼、イイダコ、貝類などです。
是非食事の中で亜鉛を取り入れていきましょう。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Previous postプレママに必須の「鉄」 Next post先天性異常を防ぐ「葉酸」

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム