妊娠するのにも必要な女性ホルモンの材料「コレステロール」

女性のウエストをメジャーで測っている写真|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。

ママミーツベビ院長の小菅一憲(カズ先生)です。

 

今日はびっくりするような話を。コレステロールの話題です。

 

コレステロールと聞くとみなさん、眉をひそめてしまいますよね。
しかし、妊娠するにはコレステロールも必要な栄養になるのです。

健康診断では、よく中性脂肪やコレステロールの基準値が決められています。これは心筋梗塞や動脈硬化のリスクを高めるとして検査される項目になっているのですが、実はこのコレステロールの基準値がかなり厳しい設定と言われているのも事実で、逆に健康のため、肉や卵を食べないようにしてコレスロール値が低く、問題になっている人もいるのです。

このblogを読んだ人は、コレステロールは低くてもいけないということを是非覚えておいてくださいね^^。

 

 

 

 

カルシウムだけでなく、マグネシウムも一緒に摂ることが何より大切!!

 

コレステロールは、細胞をひとつひとつ形づくる細胞膜の構成要素であり、ホルモンの材料にもなる、身体にはなくてはならない成分です。
もちろん妊娠にも大事な女性ホルモンの材料でもあります。

 

実は、女性ホルモンも男性ホルモンもコレステロールが変化して作られるのです。そのために、コレステロールが不足すれば、その分つくられる性ホルモンも減ってしまいます。
女性ホルモンが減ると、排卵にも影響が出てきます。卵巣に働きかけ、排卵を促す性腺刺激ホルモンも例外ではなく、コレステロールが不足することでバランスをくずしてしまうのですね。
これは、月経不順、無排卵などの原因にもなり、ひいては不妊につながっていきます。

またストレスがあると、副腎からストレスに対抗する副腎皮質ホルモンがつくられるので、それにもコレステロールが使われます。

 

 

もちろん「コレステロールの摂り過ぎが心配」という方もいるでしょう。しかし、食事で摂取するコレステロールは20%程度であり、体内のコレステロールの80%は、肝臓でつくられています。
また肝臓でつくられるコレステロールの量は、体内のコレステロール量に応じて調整されています。
ということは、食事のコレステロール量を無理に減らす必要はないということなのですね。

赤ちゃんがなかなかできないと悩んでいる人の多くには、低コレステロールの傾向があると言えます。

 

 

今日から、コレステロールは悪者という考えを一旦捨てましょう。
度を越すと問題にはなりますが、実はある程度コレステロールがあった方が、元気な人が多いのも事実です。

これで、明日からまた新たな食生活がスタートしそうですね!

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|不妊治療専門 カイロプラクティック+栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Previous postお母さんと赤ちゃんのための「カルシウム」

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム