高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part12】|着床したら妊娠の成立!

布団をかけて仲良く寝ている2人の赤ちゃん|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。
では昨日の続きを話していきましょう。

昨日のblogはこちら↓

 

受精卵は受精後、分裂を繰り返しながら、卵管の中を進み子宮に到着します。ちなみにこの時の受精卵は「胚」と呼んでいました。
子宮に到着した胚は、自分1人で成長していくことは出来ないので、初め「子宮のミルク」と呼ばれる分泌液によって栄養を受け取ります。そしてその後は子宮の壁にくっつき埋まっていくことで、栄養をもらうようになるのです。

この子宮の壁に根をはるように埋まっていくのが、いわゆる「着床」です。
長い長い道のりでしたが、この「着床」こそが、妊娠の成立とされています^^。

 

 

 

 

胚(受精卵)が子宮の壁に埋まっていく流れ

 

着床の絵a|不妊治療HP

着床の絵b|不妊治療HP

 

1.胚盤胞の構造

写真を見るとわかると思いますが、これが「胚」が着床し子宮の壁に埋まっていく過程です。英語の画像でわかりにくいかもしれませんが、なんとなくイメージが掴めればと思い、載せてみました。

着床する頃の胚は、胚盤胞と呼ばれており、中に空洞(胚盤胞腔)が出来ています。そしてこの空洞の中にある「内部細胞塊(図ではinner cell mass)」が後に胎児になる部分です。そしてこの内部細胞塊はその後、内部に羊膜腔(図ではAmniotic cavity)と原始卵黄嚢(図では紫の部分)という空洞を作ります。この時、真ん中の円盤状の部分が「胚盤Embryonic disc」と呼ばれ、胎児に成長していくところです!

 

 

2.万能細胞である「ES細胞」とは!?

ちなみにこの胚盤胞の中の内部細胞塊の細胞を取り出し、特殊な条件下で培養すると「万能細胞」と呼ばれる「ES細胞(胚性幹細胞)」が出来ます。
この内部細胞塊が、いろんな組織に成長して赤ちゃんを形づくっていくのと同じで、ES細胞は身体のあらゆる細胞に変化できる細胞でもあり、機能を失った臓器や組織を再生させる医療への応用ということで研究が進められているわけなんです。

ちょっと難しい話だったかもしれませんが、着床からこの胚盤という赤ちゃんの元のようなものが生まれる過程を知ってもらえればと思いました^^。
イメージは変わりましたか?

ではまた次回もお楽しみに〜^^。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part11】|受精成功後からすぐに細胞分裂が始まる!?

受精卵の細胞分裂の過程|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。
前回は、ようやく受精に成功した精子と卵子のお話を書きました。
しかし、これでめでたく妊娠成立ではまだありません。

前回のblogはこちら↓

 

卵管膨大部で待っている卵子に、精子がたどり着き、無事に受精が行われた後、受精卵は細胞分裂(卵割)を続けながら、子宮へと向かいます。
この時に、受精卵が細胞分裂して出来た、細胞の集まりは「胚」と呼ばれています。そしてこの「胚」は「透明帯」と呼ばれる膜におおわれています。

 

 

 

 

受精した後の着床までの道のり

 

1.胚の孵化

写真を見てもらえるとわかりますが、こうやって素早く細胞分裂を繰り返しながら卵管を移動し、受精からおよそ5〜6日後、ついに胚は子宮に到着します。実はこの5〜6日間で、細胞数はなんと200〜300個ほどになっています。
大きさは大体0.15〜0.2mmぐらい。

子宮に到着した胚は、孵化します。
外側をおおっていた透明帯をやぶって中の胚が外に出てくるのです。
これがとても重要で、しっかり孵化が行われないと、胚はこの後正常に成長出来ないと言われています。
実際、透明帯がうまくやぶれずに、それが不妊の原因になっていることもあるようですね。

さて、孵化をクリアした胚は、はじめのうちは子宮の分泌液によって栄養を受け取りながら、子宮の壁にくっつき埋まっていきます。
これがいわゆる「着床」。
妊娠の成立ですね^^。
着床についてはまた次回、お話のつづきをします。

 

 

2.一卵生双生児と二卵性双生児の発生の違い

ちなみにこの卵管を移動する細胞分裂の初期の段階で、何らかの理由によって胚が2つに分かれることがあります。
その場合、それぞれの胚が独立に成長していき、「一卵性双生児」となります。
一卵性双生児はもとが同じ受精卵なので、持っている遺伝情報(DNA)はまったくの同じ。出生後もとても似た容姿になりますね。
一方、本当にまれに同時期に2つの卵子を排卵し、これらが運良く受精に成功すると、「二卵性双生児」となります。
二卵性双生児の場合は、別々の受精卵が成長して生まれるので、持っている遺伝情報は異なります。
こういったことから、一卵性双生児とは容姿がそこまで似ていないわけなのです。

 

この双子についての話は、とても面白いのでまた別の機会にでもお話したいと思います。

ではでは、また次回をお楽しみに〜^^。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part10】|卵子と受精するための「精子」のサバイバル

卵子に精子が群がっている神秘的な絵|不妊治療HP

さて、話は戻って、数億個の精子の中から卵子に到達した選ばれた精子たちのその後をお話しましょう。

以前の精子の話はこちらから↓


 

長い旅を終えて、ようやく卵子の待ち受ける卵管膨大部に到着した、精子の精鋭たち。でもまだまだ競争は終わらず、これから受精に向けて最後のサバイバルが始まります^^。

 

 

 

 

受精の仕組みはすごい!

 

1.精子は酵素を使って卵子の膜を突き破っていく!

卵子と受精しようとしている精子の神秘的な絵|不妊治療HP

卵子は、多数の卵丘細胞の層におおわれています。
ここにたどり着いた精子は、頭部の「先体」という袋状の組織におさめられていた酵素を放出します。
この酵素が、卵丘細胞の層の細胞と細胞をつなぐ物質を壊すことで、精子がその中に突き進むのを助けてくれます。もちろんこの過程で力尽きてしまう精子もいますが、他の精子が引き継いでさらに奥へと突き進んでいきます。

 

卵丘細胞の層の奥には、さらに卵子をおおう「透明帯」とよばれる糖タンパクでできた層が待ち受けています。そしてここまで到達した精子はさらに別の酵素を使って、透明帯を突き破っていきます。

 

2.精子の核と卵子の核の合体

受精する時の精子の変化を示した図|不妊治療HP

精子がめでたく透明帯を突破すると、精子の細胞膜と卵子の細胞膜が融合し、精子の内部の核が卵子の内部に放出されます。
この精子の核(雄性前核)が、卵子の核(雌性前核)と合体することで、受精が成功です!
実はこの時に面白いのが、他の精子の受精をはばむ仕組みがあることでしょう。
1つの精子が透明帯を突破し、受精に成功すると、透明帯の性質が変わってしまい、他の精子を通さないようになります。

 

3.1つの精子しか受精しないようにする驚くべき仕組み

少し難しい話になりますが、精子が透明帯を突き破るには、まず透明帯の糖タンパク質(ZP3)と結合する必要があります。しかし、1つの精子が受精に成功すると、卵子の表層にある袋である表層顆粒から酵素が放出され、その酵素によってZP3が不活性化します。こういった仕組みによって他の精子が結合出来なくなります。
2つ以上の精子が受精してしまうと、受精卵が正常に成長できなくなってしまうので、それを防ぐバリアのような仕組みなのです。

すごい仕組みだと思いませんか?

さて、これらの話は文字よりも映像の方がわかりやすいので、以前載せたことがある受精の動画をまた載せておきますね^^。
もう一度お楽しみください。笑。

 

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part7】|卵子にたどり着けるのは数億の精子の100万分の1!?

たった1つの精子が卵子に出会う神秘的な絵|不妊治療HP

前回の動画はいかがでしたか?
ここでは、卵子と精子が出会う場面もうまく描かれていたと思いますが、精子も卵子と出会うまでにかなり長い距離を旅してきます。

 

前回のblogでも書いたように、卵子は排卵によって卵管内に放出され、卵管の絨毛や蠕動運動に導かれ、卵管膨大部(卵管の中でも卵巣側に位置する太い部分)に落ち着きます。

前回のblogはこちら↓

 

 

 

 

精子はとても長い長い道のりを旅する!

 

精子は、まずこの卵子の待つ卵管部からは遠く離れた膣内(下図ではvagina)に放出されます。

下図で見るとわかりますが、小さい精子にはこれでもかなりの距離があります。
精子の長さは約0.06mmで卵管膨大部までの距離は約20cmにも及びます。そうすると、身長170cmの人に例えると、その旅は約6kmということになりますね。そしてこの距離を精子はなんと30分で進んでいくのです。

精子にとっては、子宮と卵管はとても広い空間で、この中をわずか1mmしかない卵子を求めて旅するのです。
とてつもないことだと思いませんか?
精子を卵子のいる場所へと導く誘因物質が存在するとの話もありますが、長い長い旅です。

 

 

 

 

精子は広大で過酷な酸性の海を泳いでいく!

 

1.質の良い遺伝子を持った精子がたどり着く!

実はこうやって卵子を求めて、精子が旅をする中でも卵子にたどり着ける精子はごくごく僅かと言われています。
その数、数億個の精子のうち、約100万分の1の数百〜数千個の精子しかたどり着けません。
高い運動能力を持ち、かつ運良く卵子と巡り会えた精子だけが受精のチャンスを得ることが出来るのです。
こういったことは、やはり質の良い遺伝子を持った精子に受精させるということもあるのかもしれませんね^^。

 

 

2.排卵期には膣内の酸性度が低下する!?

女性生殖器のわかりやすい絵|不妊治療HP

また、精子を邪魔するのは、その広大な子宮や卵管だけでなく、膣内の強い酸性の環境もあります。
精子が放たれる膣内は、病原菌の侵入にそなえるために強い酸性になっており、この環境は精子にとって非常に酷な環境。精子はアルカリ性の精液に守られてはいますが、膣から子宮頚管(子宮下部の管状の部分:左図ではcervixの中の管)に入れないと、精子は膣内で力尽きてしまいます。

ただ、排卵期には、膣内の過酷な環境は少しやわらぎます。
子宮頚管から分泌される粘液の粘り気が減って、精子は動きやすくなり、酸性度も低下するのですね。
すごい仕組みですね^^。

 

実は、私の尊敬する内臓生体力学の第一人者でもあるDr.Portelliは、この膣内の酸性度合いによって男性と女性の性別が決まるという話もしています。
これが面白い理論なので、次回ほんの少し触れていきます。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part6】|女性は生涯をかけて約400個の卵子を排卵する!?

卵子の神秘的な絵|不妊治療HP

今日からは、卵子と精子が出会うまでの旅についてお話していきましょう。
これが感動的なんです^^。

みなさんご存知のように、卵巣の中で成熟した卵子は、卵巣から卵管に向けて放出されます。これが月一度訪れる「排卵」と呼ばれるものですが、基本的には左右1つずつある卵巣の片方で起きると思ってください。
ちなみに排卵は、左右の卵巣で交互に起こることもありますし、同じ卵巣で続けて起こることもあります。
女性はこうやって生涯かけて約400個もの卵子を排卵すると言われています。

いままで卵子の話はこちら↓


 

 

 

 

卵巣から卵子が放出される「排卵」のこと

 

1.卵管の中を運ばれていく卵子

一般的に生理が終わって、1つの卵子が成熟してくる頃には、卵巣の一部が盛り上がってきます。そして、盛り上がった部分がやわらかくなって破裂し、卵子を取り巻く細胞や液体が放出されます。その後やや遅れて卵子が噴出してきます。
これは最後に載せるyou tubeの動画をみてもらえるととても良くわかります。

さて、その放出された卵子ですが、目の前(卵管の先端部)にあるイソギンチャクのような「卵管采(らんかんさい)」に受け止められて内部の卵管に導かれるように入っていきます。この卵管采は、卵巣の表面近くをゆらゆらと動き回っていて、卵子を優しく受け止めるように動いているのです。

この後、卵子は卵管の中を旅することになるわけですが、自らの力で移動していくわけではありません。
卵管の表面には、たくさんの細長い繊毛があり、その繊毛がむち打つように動くことで、卵管内の分泌液に流れをつくり、その流れに乗って卵子が移動していきます。
また、卵管が収縮したり、膨らんだりするような蠕動運動も、卵子の動きを助けてくれます。
まるで腸の動きのようですね^^。

 

 

2.卵子放出と卵子の旅

この卵子放出と卵子の旅は、文章で読むより、映像で見た方がわかりやすいので、NHKで放送された動画を載せておきますね。
何よりこの映像は一見の価値あり!です。
感動しますから^^。

 

 

卵子の受精可能な期間は24時間ほどです。その間に精子と出会う必要があるので、こうやって追ってみていくと本当に奇跡と思えてしまいます。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part3】|驚き!!卵子は老化する!? 「卵子」のお話②

思案している女性|不妊治療HP

みなさん、こんにちは^^。
大分寒くなってきましたね。一昨日は木枯らしも吹いていよいよ冬の気配が感じられるようになってきました。

 

今日は、卵子のお話2話目。最近テレビやニュースで取り上げられて話題になった卵子の老化についても少し触れていきますよ〜。お楽しみに。

卵子のお話1話目はこちら↓

 

 

 

 

卵子は老化すると若返らない!?

 

1.卵子は自分が赤ちゃんの時にすでにつくられている!?

さて、みなさん。
女性の身体の中で、卵子はいつ頃につくられると思いますか?
実はなんと、卵子のおおもとの細胞「卵祖細胞」は女性が胎児である時につくられると言われています。要は、お母さんの身体の中にいるうちに自分の赤ちゃんのための卵子をすでにつくり始めているというのです。
これには驚きが隠せません^^。

受精後5ヶ月頃までに、700万個の卵祖細胞がつくられると言われています。
そしてその後、卵祖細胞は卵母細胞に変化し、原始卵胞を形成します。しかし、原始卵胞は徐々にその数を減らしていき、出生する頃にはその数は約200万個に。出生後も原始卵胞は減り続け、思春期頃には約40万個になっていると言われます。

このように卵子は、胎児の時に一番数が多いのですが、その後は50歳頃にゼロになるまでどんどん減少を続けることになります。
また年齢が上がるに連れて染色体という遺伝のもとになっている部分が、異常を起こす可能性も多くなってきます。
これが今、「卵子の老化」が不妊の原因として話題となっている所以です。

 

 

2.35歳から妊娠率が大きく低下する理由

卵子の老化・・・。
「卵子は老いてしまうと若返らない」というニュースには多くの女性が衝撃を受けました。
妊娠適齢期は20代〜30代前半であり、35歳からは妊娠率がガクンと落ちてしまうのは、こういったことが背景にあります。

日本は特に不妊に悩むカップルが多く、不妊治療のクリニックは世界最多とも言われます。
今では、若い女性(10代〜20代)の中でも卵巣の機能が低下(老化)してしまっている人もいます。
これについては又別の機会で触れていきますが、そんな不妊大国でもある日本の中で、卵巣機能を低下させず、質の良い卵子をつくっていくというのは今後大きなポイントになりそうです。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)

高齢でも赤ちゃんが欲しい【 part2】|卵子はどうやってつくられているの? 「卵子」のお話①

卵子の神秘的な絵|不妊治療HP

前回、たった一つの受精卵から60兆個の細胞が作られるという奇跡的なお話をしてきましたが、今日はその受精が行なわれる前のお話をしていきたいと思います。

前回のblogはこちら↓

 

受精は、卵子と精子が出会うことで起こることは、みなさんご存知だと思いますが、今日は「卵子」の話です。

 

 

 

 

卵子の成熟と排卵について

 

1.卵巣でつくられるたくさんの卵子

女性生殖器のわかりやすい絵|不妊治療HP

女性の卵巣「ovary」というところでは、たくさんの卵子がつくられています。
卵巣の中で卵子は、周囲を小さな細胞に取り囲まれ、「卵胞」と呼ばれるような構造をつくっています。
実は卵巣では、この卵子の中でも取り囲む細胞が一層のみの「原子卵胞」と呼ばれる卵胞が多数存在していて、毎月の月経周期ごとに少数の卵胞が成長し、大きくなっていきます。
そしてその中でも最終的に成熟するのは、毎月1つだけ。その選ばれた卵胞は、グラーフ卵胞とも呼ばれ、直径約18〜20ミリメートルにもなります。

標準的な細胞の大きさは、わずか0.01〜0.03ミリ程度なので、この卵胞がいかに巨大なのかわかりますね^^。

 

 

2.排卵と黄体について

卵子の成熟と排卵についてのわかりやすい絵|不妊治療HP

こうやって1つだけ大きく成熟した卵胞は、殻をやぶり外に卵子を放出します。
これを「排卵」と呼んでいます。

ちなみに排卵の際に、外に飛び出た卵子は、「卵管采(らんかんさい)」と呼ばれるイソギンチャクのようなものに誘導されて、卵管内に入ります。
その後、卵子は卵管の中を旅して、終着地点の子宮まで向かうわけです。

 

排卵後の卵胞は、「黄体」という細胞に変化して、妊娠に必要なホルモンを分泌するようになるのですが、それはまた別の機会にでも^^。
実は卵子は、私たちがかなり小さい頃から大量につくられているんです。
成長とともに減少をしつづけると言われますが、次回はそんな話をしていきます。お楽しみに〜。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Comment(0)