小菅一憲

Chiropractor
内臓治療/アプライドキネシオロジ−検査
小菅一憲 Kazunori Kosuge

日本で唯一国際基準のカイロプラクティック資格が取得出来るRMIT大学(現TCC)を卒業後、2ヶ所の治療院を経て、現在麻布十番で自身のクリニック「カイロプラティカ」を運営。

現在臨床歴は15年。通常の筋肉骨格系の問題だけでなく、現代病でもある副腎疲労症候群や低血糖症、アレルギー、機能性ディスペプシアなどに精通。日本各地から患者さんが来院している。
RMIT大学卒業後に、アプライドキネシオロジ−という神経学、栄養学、心理面、経絡など様々な面から多角的に身体を診る上級カイロテクニックの資格を取得。

また世界的に有名な栄養学者でもあるDr.Wrightの元で学んだ佐藤章夫先生(臨床栄養士)や予防医療専門家でもある現笹塚クリニック・栄養医学研究センター首席研究員でもある浜田璋子先生を師事。幅広い栄養学の知識を元に、現在各地で栄養指導をメインとした外部セミナーにて講演活動を行う。
さらに、世界では内臓生体力学および内臓マニピュレーション(手技での治療)の第一人者でもあるDr.Poltelliの元で内臓生体力学を学び、数多くの不妊に対するアプローチを学ぶ。
ママミーツベビでは、内臓治療および栄養カウンセリングなどトータル的に皆様のお身体をサポートする。

小菅美保

Fharmacist
栄養カウンセリング/薬およびサプリメントの相談
小菅美保 Miho Kosuge

第一薬科大学を卒業し、薬剤師免許を取得後、薬剤師として10年以上の臨床経験を積む。一時は薬局長という立場になり、幅広い薬学への知識はもちろん、元来の人から好かれる人柄もあり、若手育成や薬局のまとめ役としても人望が厚かった。

その後、国際基準のカイロプラクティック治療院「カイロプラティカ」にて夫のサポート役として働く中で、病院に行っても良くならない患者さん、薬を飲んだことで逆に体調を崩してしまった患者さん、そして病院に行かずとも生活習慣や食事を変えるだけで大きく改善するたくさんの患者さんと接するに連れ、薬とは何か、医療とは何かを自問する。

以前から薬剤師でありながら、あまり薬は飲まずに自力で治すタイプではあったが、現在では薬を使うことのリスクを知った上で、栄養学や食の大切さを学び、サプリメント指導や薬との相互作用など、薬剤師の立場からでしか出来ない的確なアドバイスを行う。

2015年9月現在、40歳にて初の妊娠(自然妊娠)を経験中。不妊で何年も悩む中、産婦人科での不妊治療より自然な妊娠を選択し、カイロプラクティックと栄養療法で念願の妊娠を果たす。ママミーツベビでは、栄養カウンセリングはもとより、サプリメントの幅広い相談を担当。さらには不妊で悩んだ経験や高齢妊娠など、実体験からのアドバイスは不妊で悩む患者さんの何より心強い支えとなっている。

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム