たった一つの受精卵から60兆個の細胞がつくられる奇跡

お腹の中にいる胎児|不妊HP

 

 

今日からブログスタート!

 

みなさん、こんにちは^^。

今日からこのMama Meets Babyというチームでブログを書き始めます。

メンバーは、「1児の母でもあって、いつも自然体な管理栄養士のあや先生」、「40歳で念願の自然妊娠を果たした、実はひょうきんな薬剤師のみほ先生」、そして私「かず先生」の3人なので、今からどんなブログになるのかこちらも楽しみでなりません。

え?私?
私は、日本では珍しいかもしれませんが、カイロプラクティックと栄養療法をやっている人です。笑。そしてママミーツベビでは、不妊のための内臓テクニック(日本で初?)を行っていくちょっと珍しいカイロプラクターかもしれません。

そうそう。ちなみにMama Meets Babyは「ママミーツベビ」と読みます^^。
ママミーツベビの生い立ちというのでしょうか、どうやってこのチームがスタートすることになったかなどは、追々この場でもお話していきたいと思いますが、今日は初めての投稿になるのでちょっと大げさに、ヒトが生まれる発生学なんぞを・・・。笑。
肩肘張らず、気楽に読んでくださいね。

 

 

 

 

不妊症とママミーツベビへの熱い思い

 

私たちの身体は、どのぐらいの細胞があると思いますか?

なんと!その数、60兆個と言われています。さらに細胞の種類は200を超えます。そして、これらの細胞が複雑に組み合わさって、脳や心臓、腸、生殖器、目、鼻、手足など、様々な臓器と組織を作っているというわけです。
考えただけでも、途方もない組み合わせや複雑さが思い浮かぶと思いますが、こういった膨大な数の細胞は、もとはと言えば男性の精子と女性の卵子が出会って作られた1つの「受精卵」から出来たものなのです。
お母さんの身体の中で、この受精卵が分裂を繰り返し、胎児の脳や内臓、骨格などが形づくられていくのですね。
動物ももちろんそうですが、人間の神秘を感じずにはいられないのは私だけでしょうか・・・。

 

そういった奇跡的とも言える、受精や受精卵の成長にたずさわる仕事をこれからやっていくこと考えると、責任の重大さをとても感じています。

 

 

現代では不妊で悩む方がとても多いです
そして不妊症には原因があります。
私は、ママミーツベビにいらっしゃるみなさん一人一人の原因を紐解いていきながら、命の誕生という奇跡を少しでもお手伝い出来たらと思っています。
赤ちゃんが欲しくて困っている人を助けたい!そのためにママとなる女性の健康を考え、さらには未来の家族にまで幸せになってもらいたい!・・・なんていう熱い思いがあります。
このブログでも少しずつ妊娠に関わる大事なこと書いていきます。
肩肘張らず・・・自然体で。
そうやって伝えていくことでみなさんが自然に集まる場になってもらえれば嬉しいです。

次回からは、お母さんの身体の中でどうやって卵子と精子が出会い、受精卵となった後に赤ちゃんと成長していくのか、そんなことをゆっくり書いていきたいと思います。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Next post卵子はどうやってつくられているの? 「卵子」のお話①

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム