産後のうつや体調不良は副腎疲労かも!?

mammy-baby

女性にとって出産は、人生の一大イベントと言っても良いでしょう。
また新しい命をおなかの中で育てるというのは、女性の身体にとってとても大変なこと。
栄養面に関しては、自分以外に赤ちゃん用にも用意しなければなりません。さらに妊娠中は身体に様々な変化が起こります。そして大変な妊娠・出産を乗り越えた後の女性に待っているのは、全くの新しい生活です。
初めて経験する育児がスタートし、生活も一変します。もちろん、自分の子どもを育てることはとても幸せで素敵なことですが、妊娠前にストレスがかかっている生活をしていたり、慢性的に疲れがあったり、食生活の乱れによる栄養不足があったりすると、産後は特に身体に不調が出ることも多いものです。

こういった不調には、ストレスに対して身体を調整している「副腎」という臓器が関わっています。副腎にかかる負担が蓄積し、副腎が疲労状態になることで抗ストレスホルモンを出せなくなると、身体は様々な症状に悩まされることになります。うつ病もまさに副腎疲労が原因となっています。

副腎疲労の症状はいわゆる不定愁訴と呼ばれるものが多く、疲れがなかなか取れない、時々ぐったり疲れてしまう、何となく体調が悪い、やる気が起きない、いつもイライラする、気力がないなど、身体にはっきりとした症状が現れていなくても、調子が悪い状態が続くのが特徴です。
産後のママで、知らず知らずのうちにこういった副腎疲労状態になっている方はとても多く、副腎へのケアが出来るかどうかが、妊娠と出産というイベントを楽しく迎え、その後の育児を無理なくやっていくのにとても大切だと私たちは考えています。
そして、副腎ケアでは、ストレスコントロールや休息などはもちろん、どういった食事を摂るかが非常に重要になってきます。食事で摂取する栄養によって、副腎は回復し、さらに言うとストレスに対する許容量を強化することが出来ます。

最近は、子どもでも地べたに座って疲れている子が非常に多いですね。これは将来の副腎疲労予備軍とも言われているのですが、私たちはお母さんの副腎をケアすることが子どもの副腎疲労の予防になるとも考えています。
その理由は単純なことで、親の食べている食事をその子どもも食べるからです。

 

ママミーツベビでは、まず親御さんの副腎疲労を治していくことが家族全体の健康につながると考え、妊娠前から産後まで副腎に対する生活面や食事面でのアドバイスを重視しています。
「親が正しい食事をとることで、家族が元気になる」単純明快なことですが、これが産後のうつや体調不良の予防にもなり、家族の幸せには一番の近道だと思うのです。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Previous postママミーツベビが考える『ママと子どもの食卓』とは Next post産後の骨盤ケアが必要なわけ

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム