元気な赤ちゃんを産むための栄養を知る!

1421876680_grace-gerber-baby-zoom

栄養がしっかり行き届いていると元気な赤ちゃんを産むことが出来ます。
逆に栄養素の過不足があるとそれが赤ちゃんにも大きく影響します。

赤ちゃんにとって妊娠中から出産、そして生まれてからの幼少時期は、人生の中でもっとも生命の感受性の高いときです。
たったひとつの栄養素の不足により、取り返しのつかない大きなダメージを受けることすらあるのです。

数年前から、世界的に話題になっている神経管欠損症という先天異常があります。
アメリカでは年間4000人以上が、日本でも1000人ほど確認されており、いまではよく知られていますが、これは葉酸というビタミンが不足するために起きる異常です。
葉酸は、アスパラガス、ほうれん草、ブロッコリー、オクラ、芽キャベツなどに含まれているビタミンBの一種ですが、遺伝子に関わるビタミンでとても大切な栄養素です。
またダイエットなどによってすっかり鉄不足になったお母さんのおなかで育った胎児は、その鉄不足によって脳の発育に少なからずダメージを負うということもわかってきています。

こういった栄養素に関する話は、ことさら妊婦と赤ちゃんに関しては本当にたくさんあります。
それだけ大事な時期でもあるわけです。なにより、お母さんの栄養から新しい命が生まれるわけですから。この栄養を知らないがために、大きなダメージを受ける危険があるなら、是非それを知って回避していきましょう。
妊娠、出産を考える女性にこそ、こうした栄養知識を得ることの意味は大きいはずです。

 

<赤ちゃんのための栄養素>

◉タンパク質
私達の皮膚、髪の毛、爪にはじまり、骨や血管、内臓に至るまで、カラダを作る材料です。
赤ちゃんをつくるのにも最重要です!

◉鉄
鉄は粘膜を作る材料になります。赤ちゃんにとって居心地の良い子宮環境を作るには必須の栄養素です。その他、赤血球を作ったり、酸素を運ぶ役割があります。赤ちゃんにも酸素を運ぶので必要量が増えます。

◉亜鉛
皮膚を作ったり、免疫を高めたり、性機能に関わるミネラル。細胞分裂を促す働きがあり、細胞分裂が盛んな胎児にとっても必須の栄養素です。赤ちゃんは28週目以降に急速に亜鉛を吸収し始めます。もし亜鉛が不足すると低体重、低身長の赤ちゃんになってしまいます。

◉葉酸
葉酸はビタミンB群の一種。遺伝子に関わるビタミンで欠乏するとDNAの形成、細胞の成長が阻害されます。葉酸欠乏は胎児の「神経管閉鎖障害」を引き起こします。最悪の場合、「二分脊椎」や「無脳症」のリスクになります。

◉ビタミンB6
食欲がない、匂いが気になる、吐き気がするなどのつわり症状は、ビタミンB6欠乏の場合が多いと言われています。脳の神経伝達物質の原料としても重要で、お母さんの母乳のB6が少ないと赤ちゃんの落ち着きがなくなったり、夜泣きが激しくなることもあります。

◉ビタミンE
ビタミンEは「妊娠ビタミン」とも言われ、排卵の促進、卵巣重量の増加、ホルモン調節、月経周期を正常にする働きがあります。ビタミンEには「血流を良くする」働きもありますが、胎盤の血流を促進し、赤ちゃんへの栄養が届きやすくなります。
母乳の出が良くなる効果もあると言われています。

◉カルシウム
カルシウムは骨や歯の材料!赤ちゃんの発育にも欠かせません。赤ちゃんはお腹から出てくる時にお母さんから30gのカルシウムをもらって産まれ、授乳を通して、210mg/日もらっています。

いかがでしょう?
ここに書いたものは代表的なものですが、これらの栄養素によって、赤ちゃんの発育状態が決まると言っても良いかもしれません。

 

考えてみて下さい。
妊娠した時は、1gにも満たなかった受精卵が、約260日かけて、お母さんの子宮の中で3000gの赤ちゃんに成長していくのです。
成長していくための栄養は、胎盤を通してお母さんの身体からやってくるものだけ。
ということは、いいものであれ、悪いものであれ、お母さんが身体に取り入れたものは全て、赤ちゃんの発育に影響してしまうと言えるでしょう。
赤ちゃんのため、そしてお母さん自身が快適なマタニティライフを過ごすためにも、質の良い食事は欠かせません。妊娠中の栄養状態がいいと、未熟児出産、新生児死亡、妊娠中毒症のリスクが低くなります。また貧血や感染症、胎盤機能不全なども防止され、出産も楽になると言われているのです。

良い栄養をあげることができれば、生命の可能性を最大限にまで広げてあげることもできます。脳をつくるのも、神経細胞を育てるのも、免疫力を培うのも全て栄養素にかかっているので、栄養によってとても元気な良い子にできると言っても過言ではないのです。

ママミーツベビでは、妊娠中のお母さんのためにも、大切な栄養素についてわかりやすくお伝えするようにしています。
是非、みなさんも栄養たっぷりで、元気な赤ちゃんを産みましょう。

 

カイロプラクター/アプライドキネシオロジスト
小菅一憲

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Next postハーブの中にも流産に関わるものがあります

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム