不妊治療を考えたことも・・・

ei

私が結婚したのは32歳の時。
結婚当時は子どもを欲しいという気持ちは、正直全くありませんでした。

お休みの日は旦那さんと海に入り、1年に1回は海外にサーフトリップに行くなどをして自分たちの好きなように過ごしていました。
というのも、いざ子どもを欲しくなったとしても、すぐに授かると思っていたからです。

今思えば無知な私でしたね><

 

子どものことを考え始めたのは、30代の後半に入った35歳の頃。
その頃から基礎体温をつけるようになりましたが、毎月生理が来てもそこまで深く考えていませんでした。
その時は、子どもより海が優先だった記憶があります。

反省です・・・

 

基礎体温を付け始めてから2、3年立った頃、さすがにあれ?と思い始め、焦りを感じ始めてきました。
ちょっとおそ過ぎましたね(笑)

友達に相談してもほとんどの友達は病院に行くことを勧められ、相当悩みました。不妊治療を受けて子どもを授かった人もいれば、何百万とお金をかけても授からなかった人、いろいろいたからです。

 

ですが3年も授からなかったので意を決して、不妊専門のクリニックで調べてみることにしました。

結果はボロボロ。

旦那さんには問題がなかったのですが、私に問題が沢山ありました。
まず、片方の卵管に内膜症があり、もう片方の卵管は入り口が狭いこと。他には、子宮が人より大きく子宮腺筋症の疑いがあると言われてしまいました。
子宮腺筋症については次回お話しようと思いますが、卵管に内膜症がある時点で精子が通りづらく、もう片方の卵管の入り口が狭いということは、精子が上がりにくいのです。また子宮内にも問題があったので着床するとなると相当の確率でないと出来ないのです。

 

この事を聞いたときはびっくりして言葉もでませんでしたが、それからは自分が原因なんだ・・・と思う気持ちが募り始めました。

その後、タイミング療法(排卵日に性交を行う)を始めましたが、何度も病院に行かなければならず、仕事をしている私には結構大変でした。薬は、ホルモン剤の注射と排卵誘発剤のお薬を飲みました。この薬は私には合わず、正直言って使用したくありませんでした。

先生と相性が合わないこともあり、病院へ行くことにストレスが溜まってしまい、すぐに通うことを辞めてしまいました。そのような思いをする位なら、いつか自然に妊娠するまで気長に待とう!と思う気持ちの方が優先していました。

 

そして今・・・時間はかかりましたが、妊娠することができました。
今思えば、旦那さんには焦っている気持ちがなかったので、私にプレッシャーがなく過ごせたのかと思います。

今回の妊娠は私たちにとっては奇跡に近いようなことだと思っています。
何が良かったのか未だにわかりませんが、全てのタイミングが合ったのでしょうね。。。

たっぷりと愛情をこめて育てていけたらと思っています!

 

薬剤師
小菅美保

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Previous postよろしくお願いします! Next post子宮腺筋症のお話

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム