ハーブの中にも流産に関わるものがあります

aromatic_1366568969

女性は妊娠すると、とても幸せな気持ちになると思います。
また一方で、身体の変化が出てくると、食べて良いものと食べてはいけないもの区別や、日常的に注意しなければいけないことなど、様々なことが気になってくると思います。
その中でもハーブは、誰もが良いものと思いがちですが、落とし穴もあります。というのも実は、ハーブの中には流産に関わるものもあるのです。
ハーブを取り入れてみたいと思っている妊娠中のママには、是非知っておいてもらいたい知識の一つです。

<ハーブとは>
ハーブはラテン語で「緑の草」「草木」などを意味するHerba(ヘルバ)からきています。
ハーブの種類は確認されているだけでも3万を超えており、葉、花、実、種子、茎、根、樹皮などを、生のままや乾燥させたり、煮出したり、精油にしたりして使用することができ、様々な特性があることがわかっています。そして、飲用や湿布、塗布、吸入、浴用など様々な方法で活用することができます。
私たちが日常で最も手軽にハーブを取り入れることができるのは、お茶にして飲むことだと思います。特に、妊娠中はカフェインを控えた方がよいと言われているため、ハーブティーを選びがちですが、中には妊婦さんには合わないハーブもあるのでノンカフェインだからと言って安易に飲むのは控えた方が良いでしょう。

 

<妊婦さんは避けるべきハーブ>
◎妊娠初期〜中期は特に注意
・カモミール
・ジュニパー
・セージ
・ラズベリーリーフ

◎子宮の筋肉を緊張させる作用がある
・セントジョーンズワート

◎子宮を刺激する
・フェンネル
・ローズマリー
・マジョラム

◎子宮収縮を促す
・アロエ
・カモミール
・ジュニパー

◎高血圧、子宮出血の恐れがある
・リコリス(甘草)

また、植物性アルカロイドを含むハーブ(生薬、漢方を含む)は、よほどの理由がない限り、使用法に関わらず100%避けるようにしましょう。
・ブラックコホッシュ
・オオアザミ
・ブルーコホッシュ
・クランプバーク
・ダミアナ
・当帰
・朝鮮ニンジン、シベリアニンジン
・リコリス(甘草)
・サルスパリラ
・ノコギリヤシ
・ヤーロー

 

妊婦さんに注意が必要なものをご紹介してきましたが、もちろん使えるハーブもあるので、いくつかご紹介していきたいと思います。

<妊婦さんでも使用できるハーブ>
・ジンジャー
身体を温めてくれる「しょうが湯」として親しまれており、発汗作用や消化促進作用があるので風邪の症状を和らげてくれます。また吐き気を抑える作用があるので、つわりのときにおすすめです。

・ルイボス
ルイボスには冷え性、便秘、アレルギー症状を抑えて皮膚疾患を改善してくれる働きが確認されており、湿疹や花粉症などにも使用することができます。
ルイボスティーは、亜鉛やカルシウム、鉄分など妊娠中に不足しがちな栄養素が含まれ、とても飲みやすいハーブティーです。また、成分が穏やかなので、薄めて飲めば1歳頃から飲むことができます。

・ラズベリーリーフ
ラズベリーリーフは「安産のお茶」といわれ、子宮と骨盤の筋肉を強くして、お産をスムーズにしてくれる効果があります。産後も飲み続けると、体力の回復が早く、母乳の出もよくしてくれます。妊産婦には欠かせないと言われていますが、妊娠初期に飲むと、子宮を収縮してしまい禁忌とされているので、飲むタイミングは出産予定日の2ヶ月くらい前からにしましょう。

いかがでしたか?
身体に良いと思っていたものが、実は子宮には悪い影響を与えてしまう場合もあります。知らず知らずに摂取してしまい、後から不安な気持ちになってしまうこともあるかもしれません。
ママミーツベビでは、そのような不安を解決するためにハーブに詳しいスタッフが在中しております。また妊娠されている方には、注意をしておきたいハーブや食事の摂り方などをわかりやすくご説明しております。

是非、大切な知識としてみなさんのマタニティーライフに取り入れてみて下さい。

 

薬剤師
小菅美保

ママミーツベビ|自然な形で妊娠したいママのための新しい不妊治療と栄養療法
==================================================================

子どもが欲しいのになかなか妊娠出来ずに困っている方
高齢だから妊娠を諦めてしまっている方
不妊治療に疲れてしまった方
自然な妊娠を望んでいる方

是非、お気軽にご相談くださいね。

初めてのご予約はこちらより↓
未来の患者さま

Mama Meets Baby
0368096155
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-18-4 テンポイントビル102

==================================================================

Mama Meets Baby
クリニックの場所や治療内容を知りたい方はこちらをご覧になってください^^。

Instagram
赤ちゃんのかわいい笑顔をお届け中!
あなたのフォローお待ちしています。

==================================================================

Previous post元気な赤ちゃんを産むための栄養を知る!

Post a Comment

Mail Magazine

妊娠についての大切なこと…
他にはないココだけの情報を
お届けします。

お名前 
メールアドレス

Contact

Our Blog

ブログ
皆さまの声
薬剤師みほ先生 BLOG
院長かず先生 BLOG

MEWL

情報マガジン MEWL

Instagram

インスタグラム